重要なお知らせエリアを非表示

2021/04/21 15:06

B級品としているのはいくつかの理由があります。

・鉄粉

生地の中の鉄分や素焼生地についた埃などが焼成後に黒い点となって表面に現れているモノです。
丁寧に作っていても陶土の中には鉄分が含まれているのである程度鉄粉が出てしまうのは仕方がありまえん。
染付の恐竜シリーズは砂を混ぜてわざと鉄粉が出るように作っています。
SHINOGIのシリーズは削り粉を使って作っているのでランダムに鉄粉が出ます。
使用には問題ありません。




・呉須飛び

絵付けをした作品の呉須(絵の具)が別の場所で発色しているものです。
絵付けの際に、呉須(絵の具)がはみ出てしまったり間違えた部分は削って修正します。
削った部分が器にのこってしまいそこで発色しているものや、絵付けをした部分を手で持って呉須が指についてしまい、さらに別の部分を触って呉須を移してしまったりしたものです。
人的ミスなので、気をつけていれば防げるものです。
使用には問題ありません。




・フリモノ

窯の焼成中に炉内のゴミが器に落ちて焼き固まったモノです。
指で触ったらポコっと突起があります。
尖っていて怪我しそうなものはリューターで削っています。削ったものは削った跡があります
使用するには問題ありません。




・歪み

成形途中や乾燥中、焼成で歪んでしまったものです。
お皿のふちが開いてしまったり、中心が落ちて棚板とくっついてしまったり。
丸くしたかったけど、丸くなかったり。
コップだと腰が落ちてぽっちゃりしてしまったりします。
使用には問題ありません。




・ヒビ

ヒビは焼成途中で割れてしまったものです。
焼いてる途中に割れたもの「焚き割れ」と、焼成が終わって冷める途中に割れるもの「冷め割れ」の2種類に分かれます。
「焚き割れ」は焼成前や焼成途中で割れているので、ヒビ部分の釉薬は熔けています。
「冷め割れ」は冷却途中で割れているので、断面が鋭利で指を切ったりします。

「焚き割れ」はヒビがある分強度は落ちますが、使っても大丈夫です。ヒビの部分に釉薬がか
「冷め割れ」の方は使用には耐えません。金継ぎなどしてお使いください。




・絵付けのミス

絵付け部分の失敗です。
目を描き忘れてしまったり、絵の具が薄かったり、濃かったり
使用には問題ありません。




・サンプル、その他

サンプルや廃盤となったもの、形やサイズを間違えて作ってしまったもの、作ってみたけど焼き上がりが思ったのと違ったものとかです、
特に不良品ではありませんが、正規の販売はできないようなものです。
良く言うと1点ものなので、掘り出し物かもしれません。




・ぶく

生地の中に空気が入っていて、焼成で空気が膨張したものが器の表面に突起となって現れるものです。
染付の恐竜シリーズには砂を混ぜているので、陶土中に空気が入りやすくぶくが出ることが多いです。
私たちの作品では大きなぶくが出ることはそうそうないので、使用する分にはとりわけて問題はないと思います。
ただ、風船のような状態になっているので突起が割れる可能性もあります。