重要なお知らせエリアを非表示

2021/03/03 21:11

「今年の目標は「ブログを書く」です」って健ちゃんが1月に載せましたが、いつの間にか3月になりました。


交代で書く予定だったので、任せてばっかりで悪いなと思いながら、なにを書いたら面白いのかわからなくてずっと迷っていました。


日記みたいなものにするか?

ー でも普段の生活は出来事が少ないしそもそもあまり面白くはない。

専門的な陶芸ブログにするか?

ー でもロクロの弾き方や焼成温度などなど説明しても興味があるのは陶芸をしてる人だけだし、もっと上手な先生がたくさんいますし。


「ミリアムはいつも『でも、でも』ばっかり言う」とよく健ちゃんにおこられます。


そうですね、そろそろ書き始めないと始まりません。。。


それでとりあえず warm up」や練習として「FAQ」みたいな文書にしてみたいと思います。

FAQ」とは「頻繁に尋ねられる質問」ですね。

実際にお客様やメディアに聞かれたことについて詳しく答えてみようと思います。

聞かれたということは興味がある人がいるということだからです。



FAQ

「恐竜が好きですか?」



好きなんですーが、

「好き」と言っても本当に恐竜が好きな人には失礼かもしれません。


実は恐竜に関しての知識はとても浅いです。


当然と言えば当然なんですが、お客様の方が恐竜好きな方が多いです。

中にはとても詳しい方がたまにいます。



「パパ、このお皿は買わないよ。

だってティラノサウルスとステゴサウルスが一緒に描かれているのはおかしいじゃん、

時代が全然違うなのに!」と

ある時、私の耳に入ったのは小学生ぐらいの子どもとそのお父さんの会話です。


びっくりしました。


私は恐竜が生きていた時代はいつだったのか考えたことさえなかったです。


確かに、ググってみたらティラノサウルスは中生代白亜紀末期でステゴサウルスは中生代ジュラ紀後期で生きていたそうです。

それは2億年くらい違います。

小学生なのに知っているのはすごい興味があるんだなと思いました。


そういう「ディノマニアック」の話しについていける為にいろいろ勉強しないといけないと思いましたが、なかなか無理でした。


画像やCGドキュメンタリーを見るのは大好きですが、

時代や骨の発掘地、種類、などなど細かいことを覚える気がないのです。



私が興味があるのは少し違うところだと気づきました。


「恐竜」に興味があることよりも「恐竜が居たこと」について興味があります。



私たちが知っている世界は全て人間(サピエンス)が作り上げた世界です。

文明はもちろんですが、自然の生き物や環境も大きく変化してきました。

サピエンスが登場するちょっと前まではこの惑星は恐竜の世界でした。


どんな景色だったのか、恐竜はどんな鳴き声をしていたのか?

何を感じたのか?太陽の日差しを浴びたら気持ち良かったのか?

草を食べて美味しかったのか?


今と同じ地球なのに違う世界だったのは不思議じゃないですか?

本気で想像してみると自分がどのくらい小さかったかに気付かされます。



そしてインタビューの時にはいつも言うんですが、

一回も取り上げてもらえなかったのは、


サピエンスも恐竜のように絶滅する可能性です。


そして人間がいなくなった先の未来はどんな生物が進化していくのか?


まー考えすぎるのも不健康ですね。



娘が恐竜博士になりたいと言ってきたらすごく嬉しいけど。